ごあいさつ

 

  本園は日本聖公会東松山聖ルカ教会付属として1926年(大正15年)に東松山で最初に創立された幼稚園です。
 「幼児は神様からの賜物である」という考えの下、一人一人を大切にする教育を行っています。
 春を待つ草花は人の目には見えなくても土の中で根を張り、成長に必要な力を蓄えています。
 幼児期は人間の土台作りの大切な時期です。現代社会では何事にもすぐに結果を求める傾向がありますが、聖ルカ幼稚園は子ども本来のゆったりとした生活を大切にし、人生の基礎になる「根っこ」をじっくりと育てていきたいと考えています。
人生の中で親子が共に過ごせる時期は限られています。聖ルカは親子が一緒に園生活を楽しみ、成長できる幼稚園です。
 園長先生.JPG
 園長 澤田忠義

 

▲このページのトップに戻る